育児ノイローゼ 原因

ヘッダー

母親として頑張り過ぎることが育児ノイローゼの原因?

育児はとても大変なもので、新米ママの中には育児ノイローゼになってしまう人も多いと言えます。

育児ノイローゼになりやすい原因としては、心因性の原因が多いと考えられます。

物事を完璧にすることはとても難しく、自分自身でも納得できない不満のある出来栄えの場合であっても、次の機会にはもっと上手にやろうと考えることが大切になります。

精神的にゆとりを持っていないと、ノイローゼの症状に陥りやすくなると言えます。

乳児の場合にはミルクを与えることが必要になりますが、自分で定めているルールをきっちりと守ろうとする人がいます。

決められたルールはあくまでも目安として考えるべきもので、必ずそれをしなければならないというような自分に責務をかせすぎると精神的に負担が大きくなります。

完璧主義者の方の場合には、我慢できないことが増えてしまって、それによってストレスが増加してしまい、ノイローゼになりやすくなります。

神経質で潔癖症な方も注意が必要であると言えます。

極端な綺麗好きだと、子供も疲れてしまうことが考えられます。

ずっと子育てに追われていて、子供から離れることができない人の場合には、外出することが減ってしまうことが多くなります。

外部と接触をする時間がなくなってしまうことによって、かなり自分自身の殻に閉じこもりやすくなります。

家族や夫の協力がないことが育児ノイローゼの原因に

外出が減ってしまうと、育児ノイローゼに陥りやすい環境になってしまっていると言えます。

1日を過ごす時間の中で、短い時間であっても子供から離れる時間帯を意識的に作り出すことによって、このようにストレスの発散にもつなげることができますし、育児ノイローゼになってしまうことを未然に防ぐことが可能になります。

子供が昼寝をしているときには、ストレスを解消できることを見つけ出すことも大切な作業になります。

育児をしていると、悩み事が絶えることなく起きるものです。

悩みを抱えていたり、自分の環境の状況を聞いてくれる人や相談できる人がいないと孤立してしまう傾向が強くなります。

孤立状態が続いてしまうと、不安が大きくなってしまいますので、それが原因となって育児ノイローゼになる人も多いです。

育児の問題を、ひとりで抱えてしまうと精神的に大きな負担となると考えられます。

育児はひとりで行うものではなく、家族の協力が不可欠であると言えるでしょう。

育児ノイローゼになってしまう原因には、家族の協力が得られないこともあります。

母親が一人でいると育児ノイローゼになりやすい原因に

最も傍にいなければならない夫が育児に対して無関心であったり、協力してくれないときには、育児の負担がすべてママにかかってしまうことで、ストレスがたまりやすくなり育児ノイローゼになってしまう原因になります。

出産を経験してから、奥さんが変わってしまったと感じる夫も多いと言われています。

育児ノイローゼの症状としても個人差があるものですので、一般的な症状を把握しておいて心当たりがあると感じたときにはストレスを溜めないようにする工夫が必要になります。

ぼんやりすることが多くなったり、過食や拒食の傾向がみられること、家に閉じこもりがちになったり、不眠や睡眠障害などが現れるようになります。

パパが育児について非協力的であれば、その分だけママが疲れてしまう原因となってしまうわけですが、反対に予防や対処のための力になってくれることも考えられます。

ママが育児ノイローゼにならないためには、パパが育児を手伝ってあげること、ママが悩みを抱えてしまったときには話を聞いてあげることが大切になります。

パパがミルクを子供にあげたり、オムツ交換をするだけでもママの負担を軽減させることができます。

育児に参加しようとしている気持ちを表わすだけでも、ノイローゼにならないように気持ちを和らげることができます。

愚痴や悩みについてパパが話を聞くことで、ママの精神的な不安を減らすことにつなげられますのでノイローゼの対策になります。