育児ノイローゼ 対策

ヘッダー

一番の育児ノイローゼは夫が協力をすることです

育児は体力を消費するものと言えますので、精神的な部分でも酷使をしています。

育児を行っていく中で、ママにとってほっとできる時間を作ることがとても重要になります。

ママの頭の中では赤ちゃんの行動に合わせて、自分の中で計画を立てようとしますが、スケジュール通りに進めることが難しいのが育児です。

赤ちゃんは言葉を話すことができませんので、コミュニケーションの手段を見つけることが難しく、理解できないママにとっては思いつめやすい環境と言えます。

育児をしているときは忙しい時間が続きますので、24時間子供の世話をしなければならないとプレッシャーを受けたり、自分のための自由な時間を確保できないことなどを原因として、育児ノイローゼになってしまう場合もあります。

育児ノイローゼの方向に進行してしまうと精神的に余裕がなくなってしまっているために、子供の行動にイライラしたり、不安や焦りを感じてしまうようになります。

育児ノイローゼで大事な対策は、ママの心にゆとりを持つこととなります。

子供のいたずらや、言うとおりにしないことに対して受け止めるばかりではなくて、受け流せるようになることが大切になります。

どのような気持ちで育児のことをとらえるのかと言う点は非常に大切なもので、これが他人の子供と比べてしまうと精神的な疲労が溜まりやすい原因となります。

嫁の負担をできるだけ減らしてあげることが育児ノイローゼの対策に

他人の子供と自分の子供の現状を比較することが、育児ノイローゼの原因の1つとなります。

他人と比較して自分ができていないことに対して目を向けるのではなくて、現状の自分が持っているものや、本当に上手くできていることに目を向けることが大切です。

また、完璧な育児にこだわってしまうことが、自分に対するプレッシャーを増大させてしまいます。

今の自分がやるべきことはできていると考えることや、やれることだけはしっかりとやろうという考え方を持つことで、これが育児に対する考え方のハードルを下げることができますので、育児ノイローゼにならないための対策になります。

親が子供に対して完璧に行うことに拘ってしまうと、子供もそのプレッシャーを感じてのびのび育つことができなくなる可能性があります。

子供の小さい頃の子育ての段階は、子供のその後の人生における性格形成にも大きく影響してくるものとなりますので、完璧にこだわることなく6割ほどの達成で合格と考えるようにしてみましょう。

満点を目指しすぎてプレッシャーを大きくしてしまうよりも、6割の合格点を目指して前進していくことが、育児ノイローゼの症状の対策になります。

育児に対してイライラしてしまうのは、ママの体調不良が原因の場合も考えられます。

対策しないで情緒不安定になっている嫁は既に育児ノイローゼの可能性も

特に女性にとって精神的な問題が発生しているときには、女性特有のホルモンバランスの乱れが関係していることがあります。

ホルモンバランスが乱れてしまうと、精神的な部分に大きな影響を与えることで育児ノイローゼが考えられます。

出産を経験した女性の場合には、出産直後にホルモンが変動しますので、不安になったり、イライラしてしまう傾向があることがわかっています。

このことをマタニティブルーという言い方をする場合もあり、数か月マタニティブルーが継続してしまうときには、産後うつという症状を発症してしていると判断されます。

排卵日から月経前にかけてホルモンの影響によって、憂鬱になったりイライラが増大する育児ノイローゼの症状が発生しやすくなります。

月経がはじまると、出血の影響によって疲労感が増えたり、倦怠感を感じやすくなります。

このような体調不良が発生しているときには、精神的に余裕を持つことが難しい状況に陥っていると言えますので、子供の小さな行動に苛立ちを抱いてしまいやすくなります。

体調が不良になっているときには無理をしないことも大切で、なるべく体を休ませることが子供へのイライラを減らすための重要な対策になると言えます。